みかん肌の治し方と本当の原因をご存知ですか?

毛穴の開きやニキビ跡がボコボコになっている状態をみかん肌といいます。

一度みかん肌になってしまうと、皮膚が綺麗な状態に回復するのに時間がかかる為、ニキビを潰したり悪化させた結果による、にきびの跡や毛穴の開きが原因で、ポツポツとした凸凹が目立ち悩んでいる方もいる方も多いと思います。

毛穴の開きやニキビ跡の治りやすさは炎症の程度によります。

白ニキビや黒ニキビは炎症が起こっていないため、この段階でニキビが治ればみかん肌にはなりません。

赤ニキビは炎症が起こっているので、ニキビ跡が残りみかん肌になってしまう可能性あります。また、炎症の程度によって治りやすさは違ってきます。

肌の表面の角質層で炎症が起こると、肌を守るためにメラニンが生成されます。
この段階だと色素沈着が残る可能性があります。

角質層よりも奥の真皮層にまで炎症が達すると、真皮層が破壊されてクレーター状のものや赤黒い色素沈着が残る可能性があります。真皮層はターンオーバーが行われないのでセルフケア治りにくですが、クリニックで治療すれば治る可能性があります。

皮下組織にまで炎症が広がると、高い確率でクレーター状やしこりのようなニキビ跡ができます。残念ながら治すのは難しいです。


・ニキビ跡の色素沈着の改善法


角質層の炎症でできたニキビ跡の色素沈着は、セルフケアで改善することがあります。色素沈着には美白化粧品がお勧めです。

また、頬が凸凹していたり、ポツポツと小さなクレーター状の穴(ヘコミ)が気になる時は皮膚を柔らかくして有効成分の浸透力を高める専用の化粧水が効果的です。

ちなみに、色素沈着は炎症によるメラニンの生成でできます。ビタミンC誘導体やハイドロキノンには、メラニンを還元する働きがあり、すでにできてしまった色素沈着を改善します。メラニン生成を抑制する働きもあり、ニキビ跡の予防にも役立ちます。
ビタミンC誘導体は肌が弱い方は刺激を感じることがあるので、肌にあったものを選んでください。

ニキビ跡に赤褐色の色素沈着が気になる方は、美白化粧品とともにピーリングも行うとさらに効果的です。ピーリングをすることでターンオーバーが促されて、メラニンの排泄が促進します。

ピーリング化粧品にはフルーツ酸やAHAなどを配合した化粧水、洗顔などがあります。やりすぎると肌の力が低下してダメージとなるので、週に2回までにしましょう。


・クレーター状になるみかん肌の治し方


みかん肌で頬や顎の皮膚がデコボコになってしまったニキビ跡は、真皮層にまでダメージが及んでいます。

ニキビ跡が目立つ人は、多くの場合肌が受けたダメージ(キズ)が大きい事が原因です。キズの度合いが大きいクレーター状のニキビ跡は自然治癒ではなかなか改善しにくいです。

クレーターを完治させるには皮膚科での治療が必要です。治療方法にはレーザーやピーリングなどがあります。

フラクショナルレーザーは、レーザーで小さな穴を開けて細胞を生まれ変わらせる方法です。レーザーによってコラーゲンの生成が促されて、くぼみが盛り上がることが期待できます。

そして、カーボンピリングとよばれる黒い色に反応する赤外線レーザーとカーボンを使用したレーザーピーリングもあります。

古い角質の除去、コラーゲン生成の活性化でニキビ跡を目立たなくさせます。

しかし、実はみかん肌の治し方として皮膚科によるレーザーやピーリング以外にもニキビ跡専用の化粧水(リプロスキン)を使うことで皮膚を軟化させて肌を綺麗なツルツルの状態へすることも可能です。

みかん肌の改善に1番お勧めのリプロスキン